ARとVRの違いとは何?私達の身近にあるARを利用した技術は?

最近VR・ARという言葉をよく聞くようになりましたね。しかし、これらの意味は一体何か?

いまいち、よくわかんないかと思います。今回はVR・ARの意味や違いについてご紹介したいと思います。

       スポンサーリンク  

ARとは?

ARとは何かというとAugmented Realityの略で日本語に直すと「拡張現実」という意味になります。これが実際にはどういうものかというと、現実世界の一部に仮想世界を反映させる技術のことを言います。

わかりやすく例をあげてみると、私たちが実際にいる部屋の中に仮想の物や生物が実際に存在するかのようにコンピュータを使ってさらに情報提示を行う技術のことです。つまり、私たちの目の前にある現実に人工的に情報を加えることを意味します。

似ている言葉でVR、つまりは仮想現実というのがあるのですが、この違いをまずは理解しておくとよいでしょう。

実はかなりかぶっている部分もあり似たような技術、或いは同じ技術を使って表現されていることがあるのですが、例えばスマートフォンゲームや家庭用の携帯ゲーム機などにおいてもカメラを遠いして特定の建物を移すとそこにゲームキャラが表示されるようになり、一緒に写真が取れる、とかこうしたことも立派なAR技術、サービスとなるわけです。VRは現実にいますが目から受ける情報はすべてバーチャルになります。しかし、ARは少なからず現実とCG映像の情報が混ざっている、ということになります。

VRとARの違いは?

これに対してVRとは、Virtual Realityの略で日本語に直すと「仮想現実」という意味になります。これはARとは逆で、仮想世界に現実世界を反映させる技術のことを言います。例に例えると、実際には存在しない部屋の中に私たち自身が入り込んで、五感情報を私たちに提示することで、あたかも仮想の物や生物が存在するかのように錯覚させる技術のことです。

つまり、VRとARの違いは、仮想世界に現実を反映させるVRに対し、ARは現実世界に仮想世界を反映させるという違いがあります。明確に違うところといえば現実世界で人が感知できる情報に対して、そこにさらに別の技術な機器を用いることによって、現実を拡張して認知させることをまずARというのです。つまりは視覚情報のみではなく、臭いとか音などを付与することなどもその一つであるといえるでしょう。

最近ではスマートフォンなどに対してのARサービスなどが強くなってきています。カメラ映像に表示されるのは要するに現実世界の映像であるわけですが、そこにあるはずがないものをCGで表示させたり、位置情報を認識して表示させる、といったことがARになります。技術面からいえばCGを加えることなんて今時は大した技術ではないのですが、それがリアルタイムの特定の現実で、カメラを通すことによってできることなので凄いことですよね。

ARを使ったゲームアプリは?

ARの技術を使ったアプリは最近では珍しくもありません。有名どころで言うと、ちょっと前に世界的に社会現象を起こしたゲーム「ポケモンGO」もARの技術を利用したアプリです。

「ポケモンGO」は、実際に私たちの世界に、スマホを通してポケモンが存在しているかの様に表現されていて、それを私たちが街中で遭遇して捕まえることを体感するゲームです。これは、私たちの現実世界に仮想世界を反映させた代表的ゲームです。この「ポケモンGO」の登場で、ARが全世界に今まで以上に認知されるようになったと言ってもおかしくないと思われます。

そのほかにもカメラを空にかざすだけでその方角から見える星座をARで表示してくれるアプリや、スマホの画面に映っている映像から目的地までの方向を指で指し示してくれるナビアプリなどさまざまなものが開発されています。

中でも使いやすいアプリが「アメミル」というアプリで、実際の雨雲をスマートフォンにかざすことで、その雨雲がいま地図上のどの位置にあるのか、またどれぐらいの雨量をもたらすのかといった情報を素早く表示してくれます。

全国的な天気予報からさらに進んで、現在見えている雨雲の様子を調べることができる機能というのは斬新で実用的です。

ゲリラ豪雨や台風など、雨による自然災害が多く発生する日本では、リアルタイムの情報を素早く取得する必要があり、より直感的に操作ができ基本的な機能は無料で使用することができる「アメミル」は持っていて損はないアプリです。

あとは家具を配置できるIKEAのアプリも登場してます!

 

 

最後に

このように現実とバーチャルが融合したARの技術はゲームだけでなく、人々に生活にも役立てることができます。

まだ開発されて日が浅いAR技術ですが、これからさらなる発展を遂げることが予想され、スマートフォンやタブレットを使ってより便利でユニークに活用することができより生活に必要不可欠になるのではないかと思います!

スポンサーリンク








この記事をシェアしよう!

      スポンサーリンク
        スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です