VRの動画をパソコンで見るには?見る方法と必要なもの!

VR(バーチャルリアリティ)もひと頃に比べると、家庭で個人が楽しめるレベルにまで普及しました。

手軽なものは、スマホをゴーグルにセットしてVR体験出来るようになっています。

VRゴーグルおすすめできる10選!スマホ用[Android・iPhone]

2017.08.19

しかし、本格的なVR動画を体験するなら、パソコンで体験するに限ります。
そこで今回は、VR動画をパソコンで見る方法をご紹介します。
話題のVR動画をパソコンで見るために、どんなものが必要なのか、初心者が気をつけたいポイントなど、VR入門です。

       スポンサーリンク  

VRパソコン見るために必要なもの

まずは、VR動画をみるために最低限必要なものを揃えます。
パソコンが当然必要です。
そして、VRをどう楽しむかによって、必要なパソコンのスペックが変わります。ノートパソコンか、デスクトップパソコンかが最初の選択肢です。
VRを楽しむなら、パソコンはデスクトップ型をおススメします。
VRを見るために、デスクトップパソコンをおススメするには理由があります。

理由その1

VR動画を充分に楽しむために強力なグラフィックボードを搭載可能である事です。ノートPCでも高性能グラフィック高性能搭載のパソコンはありますが、価格帯がネックになります。

理由その2

冷却性能の点で、デスクトップパソコンの方がが有利です。VR動画を処理するためにCPUに負荷がかかるため、発熱は避けられません。
長時間VR動画を見ると、CPUが発熱して処理速度が低下し、VR動画の再生画質に悪影響を及ぼします。
構造的にノートPCは冷却性能でデスクトップパソコンに劣るのです。

理由その3

価格帯がノートPCの方が高めになります。CPU、グラフィックボード、メモリ、HDMI出力、USBポートなど、VR動画を見るために必要なパソコンのスペックをノートパソコンとデスクトップで比べると、デスクトップパソコンの方が価格帯は安い傾向にあります。

高画質でVR動画やVRゲームをパソコンで見るならデスクトップ型がおススメなのです。
一方、YoutubeやDMMなどのVR動画を見るためだけなら、それほどのハイスペックなパソコンでなくとも充分楽しめます。
基準はWindows10搭載である事くらいです。

VRを見るために欠かせない、ヘッドマウントディスプレイ

パソコンでVR動画を見るために欠かせないガジェットが、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)です。
HMDは、文字通り頭にディスプレイ内臓のゴーグルを装着して360度の視界を覆うディスプレイでVR動画を体験する機器です。

最近ではHMDもVR動画の普及とともに、価格帯が下がり、2~3万円台で購入出来るようになりました。
ただし、VR動画を楽しむならHMD選びにも気を付けたいポイントがあります。
それは、必ず「トラッキングセンサーが付いたもの」を購入するようにして下さい。
「トラッキングセンサー」がないHMDは、あえて言うなら眼鏡の中にモニターが付いているだけなので、首振り動作で視界動作の機能がついていません。
つまり、「トラッキングセンサー」がないHMDは首を振って視界を移動させる事が出来ないのです。これでは、せっかくのVR体験が半減します。

「Acer Windows Mixed Reality」は、HMDの中でもトラッキングセンサー搭載(ジャイロスコープ、加速度計、磁力計、近接センサー)で価格も33,000円台と手頃な設定になっています。

【2018年】VRのヘッドセットおすすめ5選!PC・スマホ

2018.01.05

もうひとつ、HMD選びのポイントは、「ヘッドフォン内臓」を確認しましょう。
HMDにもヘッドフォン内臓と外付けがあり、それぞれにメリット・デメリットがあります。
ヘッドフォン内臓型は、すぐに使用可能ですが、音質がやや劣ります。
ヘッドフォンが外付けの場合、音を楽しむために別途ヘッドフォンが必要になります。そのため、ヘッドフォンを高音質なものにすれば、音質も向上します。
ただし、HDMI端子、USB端子、ヘッドフォン端子の接続が必要になり、VRを見るためにHMDとパソコンを3本のケーブルで接続する煩わしさがあります。

       スポンサーリンク  

VRをパソコンで見るための「VR Ready」という基準

パソコンでVR動画を快適に見る事が出来る基準(認証)が「VR Ready」です。
「VR Ready」は、VRに関連する企業が「このパソコンならVRが快適に動かせます」ということを公認した証明なのです。

「Oculus Ready」、「HTC VIVE VR Ready」、「GeForce GTX VR Ready」、「Radeon VR Ready Premium」、「Radeon VR Ready Creator」などの認証が存在しています。
例えば、「GeForce GTX VR Ready」はアメリカの半導体メーカーNVIDIA社が認証した製品の基準を指します。
元々、NVIDIA社はパソコンのグラフィックボードであるGeForceシリーズで有名な企業です。
そのNVIDIA社が与えた、「GeForce GTX VR Ready」というお墨付きならVR動画でも快適に楽しむ事が出来る証明なのです。

こうした「VR Ready」は、VRを見るためのパソコンや製品選びの基準となります。

【PCはこれだ!】快適にVRゲームが楽しめるPCのスペックやおすすめ紹介

2018.01.05

スポンサーリンク








この記事をシェアしよう!

      スポンサーリンク
        スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です