【スマホVR全まとめ】スマホのVR体験を最高のものにするには

VRっていまいちよくわからないけどスマホでできるみたいだからやってみたいという人は多いハズ。

なので今回はスマホでVRを体験することについてまとめてみました!

VRとは

VR(Virtual Reality)仮想現実と訳し、専用のVRゴーグルを頭に装着することでバーチャル映像の中に溶け込んだかの様な体験をすることができます

目に飛び込んでくる映像は架空の世界であり、ゲームの中の主人公になった感覚や実際にその場所にいるかの様な体験を可能とします。

そもそもVR自体は50年前からあり、その頃もVRゴーグルの研究・開発が行われてました。

現代ではデバイスの進化によって今ほとんどの人が持ち歩いているスマホが、VRデバイスにも変化する様になったのは最近のことです。

ARという言葉も聞いたことあるかもしれないからついでにお伝えすると、ARは現実の世界とバーチャル映像を組み合わせたものであり、拡張現実とも言われます。最近で有名なAR技術を活用したアプリがポケモンGOです。

スマホの次はVR・AR技術が鍵を握る?

VRは活躍の場所が今後更に増えていきもっと身近になります。

VRの最終形態は、最軽量化された今で言うメガネくらいの重さになり、常に人々はメガネのレンズを通してインターネットや通話・買い物の決済などを可能にして今よりも更に生活を豊かにする事になります。

なので今後のVRのあり方は、スマホからVR・ARデバイスとなるとされています。

スマホでVRを楽しむには?

VRをスマホで楽しむには、スマホだけでは当然楽しむことはできません。

必要なものとしては、VR対応のスマホと専用のVRゴーグルの2つになります。

VRゴーグルの種類

VRゴーグルにも様々な種類があって、まず一つ目はスマホ用のVRゴーグル

スマホを専用のVRゴーグルに取り付けることでVRを楽しむことが可能になるタイプです。

二つ目はゲーム用のVRゴーグル

プレイステーション4のPSVR

ソニーのプレイステーション専用のVRゴーグルとゲーム機本体を必要とします。

3つ目は、パソコン用のVRゴーグル

パソコン用のVRは当然PCが必要。ただ、普通のPCでできるかというとそうではありません。

ゲーミング用のPCを必要とします。

VRをするためのPCのスペックはこちらから

ラストのVRゴーグルは、PCもスマホもゲーム機も必要としない一体型VRゴーグルです。

コチラは、値段は約2万円で購入することが可能で2018年に発売される予定です。

スマホVRゴーグルの値段

VRゴーグルの値段はピンからキリまでありますが、1,000円から100,000円のものまで様々です。

そのスマホ用のVRゴーグルはVRゴーグルの中では最安値で購入することができるゴーグルとなってます。

どうしてもVRゴーグルは高い印象がありますが、スマホ用のVRゴーグルであれば誰でも安価で手に入れることができるため、始めやすさで言うと一番だと思います。

スポンサーリンク

自分のスマホがVRに対応しているか確認しよう!

iPhoneであればiPhone5S以降で対応してます。iPhone5だと動作が難しい可能性が高いです。

OS:iOS8.0以上

Androidではメモリ:2GB以上必要です。コチラはメモリなのでストレージ容量とは別ものですので注意。

OS:AndroidOS 4.4~6.0

もし対応してない数年も前のスマホという方はこの機会に、新しいスマホに替えるのもありです。

最初は酔うから気をつけて

最初はVRを15分ほどVRの映像を見ていると急に気持ち悪くなります。(人によって差はあります)

そのため、次の様なときはVRゴーグルの使用を避けましょう。

  • 体調が悪い
  • 寝不足
  • お酒を飲んだ後
  • 空腹

VRを体験する前には、自分が元気だなと思う時だけ使いましょう!

スマホ用のVRゴーグルの選び方

スマホVRゴーグルは多くの種類があり、VRゴーグルによって少々の違いがあります。

選び方

その1 重さ

VRゴーグルの重さは50gほどの違いでも大きく差があります。極力、軽量のタイプのスマホVRゴーグルを選びましょう!首の負担がかなり違うのでポイントとして覚えておきましょう。

その2 ピントが調節できるか

ピントが調節できない簡易的なVRゴーグルもあるのでこれも注意。できれば両目調節できるものが良いです。両目の視力に差があっても対応することができます。

その3 値段

値段があまりにも高いものはありませんが、7,000円以上する普通のスマホ用VRゴーグルはあまりおすすめしません。(これ以降で登場する1万円超えのVRゴーグルは別です。)

初めは2,000円から3,000円のVRゴーグルで十分です。

その4 自分のスマホが対応しているか

対応しているというのは、自分のスマホのサイズがハマるのか?なども注意して確認することも必要です。比較的、スマホ用のVRゴーグルはほとんどのスマホに対応しているものが多いです。しかし、ある機種限定のVRゴーグルもあるので間違えて購入してしまわないように気をつけましょう!

簡易的な取り付けるだけのスマホVRゴーグル

こちらはVRゴーグルにはめ込むだけのタイプとなります。独自のプラットフォームはありません。

プラットフォームとは
独自のコンテンツやアプリなどをインストールする場所のこと。

ここで勘違いしてはいけないのが通常の簡易的なVRゴーグルにもアプリやコンテンツはあります。

専用のプラットフォームはないですが、通常のApp StoreやGoogle PlayでVRアプリをインストールすることができます。

iPhone・Androidに対応したVRゴーグルおすすめ↓

独自のプラットフォームあり本格派スマホVRゴーグル

こちらのVRゴーグルは品質はやコンテンツの量などはスマホVRでは最上級モデルとなります。

PC用のVRとまでは行きませんがそれに劣らないくらいのクオリティーとなってます。

Gear VR

Gear VRとはOculus社とサムスン電子が共同で開発した独自のプラットフォームを持ちます。NetflixやDMM・マインクラフト等様々なコンテンツが豊富で、全てを含めると10,000以上の数を誇ります。

専用のコントローラーがあり、使用感は操作性がとても優れていて、ポインターの遅延などのストレスは全くありません!

全世界でGear VRの販売台数は400万台以上となってます。

Gear VRの感想やアプリついてはこちらへ

  • 価格:14,000円前後(コントローラー付)
  • 重さ:345g
  • 視野角:101度
対応端末  Galaxy Note8, S8, S8+, S7, S7 edge, Note5, S6 edge+, S6, S6 edgeGalaxy Note8, S8, S8+, S7, S7 edge, Note5, S6 edge+, S6, S6 edge

Amazonで確認

Daydream

DaydreamはGoogleが開発したVRゴーグルです。

  • 価格:12,000円
  • 重さ:261g
  • 視野角:約100度
対応機種

Galaxy S8 / S8+,Galaxy Note8,LG V30,ZenFone AR,Pixel 2,Moto Z 2 Force,Pixel,Moto Z,Moto Z Force,Mate 9 Pro,Porsche Design Mate 9

Amazonで確認

スマホVRゴーグルを使ってみた感想や実際の使い方

VRゴーグルの使い方についてですが、非常に簡単です。

使いやすさは、独自のプラットフォームを持つものがやはり抜群に快適ではあります。

Gear VR・Daydreamのデメリットとしては、やはり端末が限定されている部分ですね。

そのうち全スマホ対応のVRゴーグルがでるとよいですが、、、

映像に関してはVRはやはり映像が綺麗だと、その没入感がまるで違います。

解像度が悪いと、映像が残像になってしまいVR酔いを引き起こす原因となってしまいます。

スマホでVRで遊ぶことでの目への影響は?

視力が悪くなるのかなど、目に影響するかが気になるかと思います。

VR映像自体には問題はないのですが、スマホからのブルーライトが目を傷つけてしまいます。

なので、ナイトシフトモードで使用することで直接のブルーライトは軽減されるのでやっておいた方が良いです。

最近VRのアミューズメント施設が増えてきていますが、その施設を利用できる多くは年齢制限を設定しています。

なぜ年齢制限があるのかはコチラを参考に

視力に関しては実験で目が良くなるという結果も出ているので、絶対的に目が悪くなると言ってしまえば嘘になってしまいます。

画質的に今のVRは映像がスマホの二分割の映像なので解像度も半分位なります。よって、解像度がさがるので、目にはあまり良くはないです。

今後、現実に近い様な解像度のVRゴーグルが登場すると視力の低下などのリスクは格段に下がるでしょう。今現在は過度の仕様はやはり視力の低下につながってしまいます。

スポンサーリンク  

まとめ

スマホ×VRというのも個々数年で出できた組み合わせなのでまだコンテンツは少ないのが現実です。

しかし、VRは様々なの活躍が期待されています。

VRが生活に欠かせないものになるのは時間の問題です。

今の内にVRと言うものに触れておけば、何の抵抗もなく当然の様に使うはずです。

まずは手始めにということでスマホVRを体験することをおすすめします!