VRでスポーツを観戦やプレイする時代に!

VRは私たちに臨場感を覚えさせてくれるため、ゲームやアトラクションのみならず、スポーツ観戦はもちろん、スポーツをプレイするにあたっても新たな価値を提供してくれています。

VR技術を活用することで、いかに私たちがもっとスポーツを楽しめる環境となってきているのか、その具体的な例をご紹介してみたいと思います。

       スポンサーリンク  

VRによる体験型機器でスポーツをプレイできる施設

イオンモール幕張新都心にオープンしたばかりのレジェンドスポーツヒーローズは、サッカー野球バスケットボールなどの皆さんが馴染みのある各種スポーツをテーマに取り上げ、大型スクリーンとVRを融合させた、迫力あるエレクトリック・スポーツというエンターテイメントを楽しむことができる施設です。

エレクトリック・スポーツという言葉をはじめて目にした人もいるでしょうが、これは特に新しい概念というわけではなく、スポーツの対戦型ゲームのようなものと理解すればわかりやすいと思います。

レジェンドスポーツヒーローズは、VR技術を活用した体験型機器によって、老若男女問わないスポーツ対戦の体験をすることができる最先端スポーツテーマパークです。

それぞれの体験型機器については、レジェンドスポーツヒーローズのホームページにも詳しく紹介されていますが、共通しているのは次世代感に溢れているという点です。

紹介動画へのリンクも貼られており、それぞれご覧になっていただければわかりやすいのですが、特にレジェンドサッカーという機器はVRとスポーツが融合した魅力をもっとも感じられるでしょう。

足元にあるボールを蹴ると、大画面に映し出されるVRを用いた映像とリンクし、“サッカーボールを蹴った”というひとつのアクションとして成立しています。

もちろんそれは仮想世界の演出に他ならないのですが、サッカーと縁のない人であってもプレイできる、ひとつのスポーツとなっています。

VRでスポーツをプレイすることにつき、もっとも着目すべきは、そのスポーツ自体ができなくても、誰にでも楽しめることに他なりません。

つまり、より多くの人々が楽しめるものとなってくるため、これからのエンターテイメントの選択肢の一つとなっていくのは間違いないでしょう。

これを裏付けるかのように、レジェンドスポーツヒーローズを運営しているレジェンドベースボール社は、他の都市でも同様の施設を展開していくための案件を進めているとプレスリリースされています。

VRでプロ視点によるスポーツ観戦

VRによってスポーツ観戦も臨場感がこれまでと段違いのものとなってきます。例えば、J SPORTS VRというサービスは、スポーツ観戦を360度VR映像で配信するアプリです。モバイル端末を利用して、VRヘッドセットにJ SPORTSの野球やラグビー、サッカー、サイクルロードレースなどのコンテンツを映し出し、臨場感あふれる動画を楽しむことができます。

本格的なリリースを目の前にしたイベントでは、選手よりも前で試合を見ているかのような迫力ある映像に、驚きの声を上げる参加者が多かったようです。

しかし、VRを利用したスポーツ観戦はすでにアメリカでは当たり前となりつつあり、NBAの試合はVRで観戦できるようストリーミング配信されています。これを執り行うプラットフォームのうち、NextVRというものはソフトバンクが出資していることから、近い将来、日本でもリリースされるのではないかと期待されています。

また、2016年に開催されたリオオリンピックはVRでのストリーミング配信されていました。

PSVRが発売される前でしたので、さほどVR機器について知られていないこともあり、利用者も少なかったようですが、開会と閉会セレモニーをはじめとし、バスケットボールや体操、陸上にビーチバレー、ボクシング、フェンシングなどの決勝、準決勝が、まるでそこにいるかのような360度の映像で鑑賞できたそうです。

【2018年絶対に欲しい】PS4のVRゲームソフトおすすめランキング

2018.03.18

この取り組みはGearVRやGear360でおなじみのSamsungによるものであり、いかに私たちの身近なところへ知らないうちにVRが浸透しているのかを思い知らされる出来事であるともいえます。

 

この時期はVRがまだ出始めの時期でしたので、ライブストリーミング配信ではなかったそうですが、2020年に開催される東京オリンピックの頃には、VRの技術進歩と普及拡大によって、より大々的な取り組みがされることはイメージに容易いものです。

これらのような流れに乗るべく、360度VR技術に着目する企業も増えてきており、競合が激しくなることによって更なる技術の革新も期待できます。

PANOPLAZA”というサービスを提供するカディンチェ株式会社は、VRの可能性を最大限に引き出す360度VR動画に着目し、アスリートとしての一人称コンテンツを開発しています。

まるで自分が競技しているかの様な視点で360度閲覧できるVRコンテンツとなっているので、これが実用化されて普及していけば、スポーツ観戦という枠組みを超えた映像を楽しむことができるようになるでしょう。

VRゴーグルおすすめできる10選!スマホ用[Android・iPhone]

2017.08.19

スポンサーリンク








この記事をシェアしよう!

      スポンサーリンク
        スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です