【2018年】VRのヘッドセットおすすめ5選!PC・スマホ

テレビやネットなどで話題のVRですが、VRの映像を見るためには専用のヘッドセットが必要となります。

そのVRヘッドセットですが、高いのか?やすいの?どれを買えばいいのかわからないと思います。

今回はそのVRヘッドセットのおすすめを紹介したいと思います。

VRとは一体何か?

VRはVirtual Realityの略で日本語に訳すと仮想現実となります。

スマホやPCの画面は2Dの映像ですが、VRというのは立体的な映像を見て、あらゆる仮想映像体験をすることができるものです。

例えば、目の前にホントに人がいるかの様に見えたり現実世界同様に縦横奥行きがある世界なのです。

ARというのもあり、ARは拡張現実 と訳します。ポケモンGOの様な現実世界にバーチャル映像を画面越しで見るというのがARで、ARは今後活躍の幅がVRを越すとまで言われていますので両者とも目が離せませんね!

VRの技術を使って活用されていく事例があり、

ゲーム・映画・観光・仕事・フィットネス・医療

などの様々な分野での活躍が期待されているのです。

VRを見るためには専用のヘッドセットを頭に装着する必要があります。

ヘッドセットの種類は様々あり、

PCなどの環境が必要なも

スマホに対応している

などいろいろなものがありますが、今年はVRヘッドセットだけで見ることが可能な一体型ヘッドセットが発売される予定もありますのでそちらも含めて見ていきましょう!

スポンサーリンク  

私が厳選したVRのヘッドセットおすすめ!

Urgod 3D VR

価格2000円〜で、とても安くVR体験をすることができるのです。

コチラのヘッドセットはスマホがあれば使うことができます

ある特定のスマホの機種が必要というわけではなく、サイズあえば使うことが可能でほとんどのスマホに対応してますのでとても汎用的で使いやすいです。

iPadなどのタブレット端末での視聴はできません。

VRが初めての人は、まずはこのヘッドセットから始めて見ることをおすすめします!

[aside type=”boader”]
  • 価格:2,000円(価格に変動あり)
  • 重さ:380g
  • 視野角:120度
  • 対応機種:3.5〜6インチのスマホ iPhone/Android

Amazonで確認

[/aside]

Urgod 3D VRヘッドセットの使い方やレビューの記事はコチラ

スマホでもVRのゲームがたくさんあるのでインストールしておきましょう!

Gear VR

Gear VRはOculus(Facebook)がサムスン電子と共同開発した、Galaxy専用のVRヘッドセットです。

スマホとVRヘッドセットの中では高品質なVRヘッドセットとなってます。

Gear VRの専用のコントローラーもあるのでかなり便利で、とても使いやすいのでかなりおすすめのヘッドセットです。

コントローラーは操作の遅延がなく使い心地抜群!

コンテンツもOculus Homeのプラットフォームから、選ぶことができその数はすべて含めると10000以上ものコンテンツがあるので、かなり充実してます。

解像度も今現在発売されている中でもトップクラスになってるので、圧倒的な没入感を味わうことができるのです。

[aside type=”boader”]

  • 価格:14,000円前後(コントローラー付)
  • 重さ:345g
  • 視野角:101度
  • 対応機種:Galaxy Note8、Galaxy S8/S8+、Galaxy S7/S7 edge、Galaxy Note5、Galaxy S6/S6 edge/S6 edge+

Amazonで確認

[/aside]

 

HTC Vive

HTC ViveはPC用のVRヘッドセットで、VRを思う存分楽しむならこれは買うべき商品だといえます。

東京にあるVRの体験施設「VR ZONE SHINJUKU」でもHTC Viveが使用されていることもあり、VR業界ではとても支持されているヘッドセットなのです!

引用元:https://vrzone-pic.com/

HTC Viveは3Dゲームなどを快適にプレイできるようなハイスペックなゲーミングPCが必要になります。

そのためVRが初めての方には少し敷居が高いですがコンテンツやクオリティは、どのVRヘッドセットにも負けないくらい充実感があります。

[aside type=”boader”]

  • 価格:10万円
  • 重さ:468g
  • 視野角:110度
  • 対応機種

Amazonで確認

[/aside]

2018年の最新VRヘッドセット

Daydream View

こちらはGoogleが開発したVRヘッドセット「Daydream View」は、柔らかい肌触りのマイクロファイバー製で包まれています。

そのため、ヘッドセット本体の重量がかなり軽く着けている感覚がないくらいの軽量モデルです。

Daydream ViewはGear VRのライバルの存在となる新たな中核VRヘッドセットとなりますので、両者の今後の競争に目が離せません!

色は海外だと三色ありますが、日本はグレーのみの色のヘッドセットの販売。

Google Chromecastを使ってTVに映し出して体験を共有することもできます。

[aside type=”boader”]
  • 価格:12,000円
  • 重さ:261g
  • 視野角:約100度
  • 対応機種:Samsung Galaxy S8、S8+ および Note 8、Moto Z および Z2
  • 対応スマートフォン一覧 g.co/daydream/phones

Amazonで確認

[/aside]

Oculus Go

Oculus GoはGear VRと同じ企業のOculus (Facebook)が開発した一体型VRヘッドセットです。

一体型とはスマホ・PCなどのVR機器を必要としないもので、ヘッドセット単体でVR体験ができるため簡易的にVRを楽しめるのがとても便利な点。

価格は日本では未定だが、海外では22,000円で販売されるようです。

こちらヘッドセットが一番注目できる点は、やはりコスト面でしょう。

Gear VRやDaydreamなどはヘッドセット本体と高品質なスマホを必要としますが、Oculus Goは単体で動くのでOculus Goさえ買ってしまえば高いクオリティのVR体験を味わうことができるのです。

[aside type=”boader”]

  • 価格:約22,000円
  • 重さ:?g
  • 視野角:?度
  • 対応機種:一体型なので必要なし

2018年発売予定

[/aside]

 

VRヘッドセットを使う前に

VRは今までの娯楽をより楽しませてくれたり、生活が便利になったりと良いことが多いですが、VRヘッドセットを使うに当たっての注意がいくつかあります。

VRを体験する上での注意点

  • 人に危害を加えない
  • 周りのものに気をつける
  • 広い場所でプレイする
  • こまめに休憩をする
  • VR酔いしたらすぐに中止する
  • データ容量が大きいのでWi-Fiの環境でやる
  • 年齢制限があるので注意する

最近では360°の映像や写真を撮ることがかのうな専用カメラがあるので、撮った映像や写真をSNSで友達や家族に共有して楽しむこともできるのです!

360度VRカメラおすすめ5選!価格や特徴紹介!

旅行など一度行ったけどもう一回その場所の風景を味わいたいなどのときや、怪我や病気、仕事などで旅行に一緒に行くことができなかったときは今後はVRカメラがあるから安心なんて行ってる時代になるかもしれません。

スポンサーリンク  

まとめ

ご紹介したVRヘッドセットは品質がとても高く、買っても後悔はしないのは間違いありません。

今後改善が必要なのは、本体の軽量化・映像の画質です。

これらが大きく改良されれば、生活に欠かせないデバイスになることは時間の問題です。

2018年もVRが更に注目を集めることになります。

東京オリンピックでは必ずVR関連のニュースが飛び込んで来るのでオリンピックまでにはVRのヘッドセットを今のうちに用意して置くことも良いかもしれません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください