【アプリ作成】VRのコンテンツ制作する4つの方法とは

みなさんこんにちは!VRのコンテンツやアプリが増えてきてますが、今後はもっと増えることが期待されています。

VRのコンテンツは一体「どうやって」「どこで」「何で」作ることができるのかと疑問になると思います。

アプリは基本的に作成されたプログラムで動いてます。なのでVRのアプリを作るのもプログラムを使う必要があります。

今回はVRのアプリやコンテンツを制作するにはどうすればいいのかを紹介します!

 

       スポンサーリンク  

VRコンテンツ制作(アプリ等)作成

VRのコンテンツを作成する方法はいくつかあります。

初級編

専用のカメラで撮影して撮った動画をパソコンで編集して、YouTubeなどの動画配信サイトに投稿する

こちらも立派なVRコンテンツになります。専用のカメラの値段は10,000円〜40,000円の相場となってます。スマホに装着することができるものや、カメラ単体で撮影できるものなどがあります。

YouTube以外だと、ハコスコというVR動画配信アプリがあります。こちらは有料でのプレミアムアカウントは月額1万円で商用利用も可能なので、VRでのビジネスにもなります。

カメラによっては簡単にSNSなどにアップできたりするので、友達とも共有することができさらに自分の360度の動画を公表することだってできます。

 

中級編

Amazon Sumerianで作成する

Amazon Sumerianとは、誰でも比較的簡単に、VRのコンテンツを作成することができるAmazonが提供しているサービスです。

簡単なマウスの操作でポイントアンドクリックでVRなどのコンテンツを構築することができます!

データベース上に3Dアセットをアップロードでき、自由度の高いVR・ARコンテンツを作成することができます。

既存のテンプレートがあり、プログラミングや3Dツールの知識なしで今までより簡単に作成することができます。汎用的で多くのプラットフォームに対応させることが可能となってます。

公式ページ:Amazon Sumerian

上級編

Adobe Premiere Pro

出典Adobe

Adobe Premiere Proはハイクオリティの動画編集ソフトウェアです。業界では最先端の技術で、ハイクオリティの編集ができ、最高な速度や効率を発揮します。

プログラミングの知識がなくても高度の動画を作り上げることができ、YouTuberがよく使っている動画編集ソフトでもあります。

出典Adobe

VRの編集ができるようになったのも、2016年からでありますますVRのコンテンツの作成の幅が増えてきてます。

公式ページ:Adobe

UnityでVRのゲームやアプリを制作する

 

将来VRのエンジニアになりたい方VRのコンテンツを自分で作ってみたい方はプログラミングを学ぶ必要があります。

そのプログラミング言語は様々あります。

JavaScript」「C#」「Boo

こちらの3つのプログラミング言語を習得する必要があります。

まず「JavaScript」ですが通常のJavaScriptではなく、「Unity用JavaScript」を学ぶので注意してくださいね。

Unityって何?

Unityとは、3Dゲームを制作するツールです。ゲーム制作を円滑に作成することができ、今まで多くのプログラミング言語を必要としていたが、Unityのおかげで最小限のプログラミング言語でゲームを作れるものです。

今では世界で100万人のゲーム開発者が使用しているツールです。ゲームを作成するためのツールの中でもUnityは一番使われています。VRのゲームを作るにはUnityは切っても切れない存在なのです。

主要プラットフォーム

iPhone、iPad、Android、Wii、Wii U、PS4、3DS、Nintendo Switch、Xbox 360、Mac OS X、Windows、Flash プレイヤー

Unityのメリット・デメリット

メリット

  • 様々なプラットフォームに適応したコンテンツが作れる
  • Unityを使うと開発する時間が短縮できる
  • プログラミングが容易にできる
  • 編集画面が視覚的に作成できるので、開発がしやすい。
  • 無料でも使える

デメリット

  • ツールの中の概念を理解するのが難しい
  • 作業がかなり負担がかかるので、PCのスペックが低いと動作が遅い
  • 本格的にやるとなるとお金がかかる

まとめ

VRのコンテンツを作成する技術が身につけば、今後の自分にスキルとして就職や転職などに有利になることは間違いありません。VRのコンテンツを作成して多くの人に自分が作ったアプリやコンテンツを、使ってもらうような開発者にだって勉強すればなることができます。

「自分は文系だからできないんじゃ、、」

そう思う人が多いかと思います。

実際は関係ありません。

一昔前よりVRなどのコンテンツを作るハードルがめちゃくちゃ下がりました。プログラムのテンプレートがありますので、それを使ってやることだってできるし、少し勉強すれば誰にでもできることを覚えておきましょう。

スポンサーリンク








この記事をシェアしよう!

      スポンサーリンク
        スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です