【超立体3D】4K映像が撮れるVRカメラを徹底解説|インスタやライブ配信に!

【超立体3D】4K映像が撮れるVRカメラ

いよいよ、VRの時代の兆しが見えてきたなと感じます。

VRの体験をしたことがある人は年々増えていて、VRがどのようなものなのか理解されてきています。

VRはもの凄く未来があり、成長の幅が限りなく無限に広がっています。

そんな無限に広がる映像はどのような機材で撮影するかというと、専用のカメラです。

今回はそのVRのカメラについての疑問を徹底解説し、VRのカメラのおすすめなど紹介していきたいと思います。

       スポンサーリンク  

VRのカメラとは?

VRカメラ

ここでは、360度のカメラもVRカメラと定義します。

VRを撮影する上で、普通のカメラではVRの映像を撮影することができません。

VRのカメラは、360度撮影できるものや180度で3Dで撮影できるものを言います。

普通のカメラはレンズは1つものが一般的ですが、VRカメラはレンズが複数あります。

業務用のVRカメラ

google,vr,camera

みなさんがよく使うGoogleのサービスの1つ、Google Earthのストリートビューの写真、あれ実は360度のカメラで撮影されてます。

今までのVRのカメラは、企業向けで一般の人には使いこなすことは困難で高額のため必要とされてきませんでした。

業務用vrカメラ

Googleのカメラは大型で、複数のレンズで撮影してその画像を繋ぎあわせて360度綺麗な写真にすることができるのです。

ちなみに、画像を繋ぎあわせる作業をスティッチと言います。

スティッチの作業は主に企業や事業規模で関わるクリエイターがやっていることなので、私たちにはハードルが高いです。

 

ですが、今ではスティッチの作業をすることなく高画質で簡単に撮影することが可能ですので安心してくだい。

技術が発達した今では、コンパクトで、ハイクオリティーのVRカメラを手にすることができる時代です。

        スポンサーリンク
 

インスタや旅行などの思い出に活用しよう!

そして、VRカメラを使う場面は実はたくさんあります。

  • アウトドア
  • スキー
  • 旅行
  • 記念撮影
  • 結婚式
  • インスタグラムやFacebookで共有
  • ネットで生配信
  • ドローンで撮影

など上げるときりがないです!

360度 VRカメラと180度3D VRカメラの比較

大体分けると、VRカメラは今のところ3種類に区分できます。

  • 360度カメラ
  • 360度 3D VRカメラ
  • 180度 3D VRカメラ

360度のVRカメラはその名の通り、360度の映像を撮れるカメラのことです。

360度その場にいる臨場感を楽しむことができ、180度VRカメラは一般的なカメラの範囲よりも少し広め。

一方で、3D VRカメラは360度・180度の空間を立体的に見ることが可能です。

カメラの違い

360,VR,3dカメラ,180

この写真を見ていただくとわかると思いますが、右の3DのVRカメラは同じ面にレンズが2つあります。

同じ面に2つのレンズがあるのは、人間が目で見ている物理的仕組みをカメラに取り入れることで、物や景色が立体的に映像に残すことが可能になるため。

そして、左の360度カメラは写真ではわかりずらいですが、前後にレンズが1づつあります。この構造が、360度の写真や動画を撮影すること可能になるのです。

 

またこのようなカメラも登場しました。

vrカメラ3d180の合体 360度VR3dカメラ

Vuze VR Camera 3D 360° 4K

最新の技術を駆使した360度3DのVRカメラ

まさに上の2つのカメラを合体させたような感じですね。

スマートなボディで4Kの高画質映像を残すことができ、ポケットに収まるコンパクトサイズを実現しています。

 

スマホアプリと連動して、カメラを遠隔操作でコントロールが可能。

使えるシーンは多く、パーティー・アウトドア・スキー、スノーボード・海・フェスなど様々。

これから、どこか行く時には必須のアイテムになるかもしれませんね。

スマホ用のVRゴーグルがあれば、友達の行った場所を体験することが当たり前になっていきそうです。

まだスマホ用のVRゴーグルを持っていない方はこちらの記事へ

【衝撃の世界観】VRゴーグルのおすすめ紹介!スマホ用[iPhone]

2017.08.19

Vuze VR Camera 3D 360° 4K

 

Amazonで確認する

VRのカメラの価格

商品のコストを抑えて作れる現代では高品質な物でも手が届くので、私たちでも1万円〜5万円程度の価格で購入することができます。

10年前だと、この価格で買うことはできなかったでしょう。

もしプロ用のVRのカメラを買うとなると、数百万円、もっと高額なものだと数千万円しますが。

 

「どんな感じか、買う前に一度試したい!」

なんて人には、VRのカメラのレンタルをして、実際に使って見ることをおすすめします!

VRのカメラなしでも撮れる!スマホアプリとは?

Fyuse- 3D写真

Fyuseはスマホで3D画像が撮れる、空間撮影ができるアプリです。

撮影するには、スマホの画面をスワイプしたり、傾けたりして様々なシーンに適応。

 

⬇真ん中をタップして、スワイプ・スマホを傾けてみてください。

さらに、他のSNSやWebサイト、メール、テキストに組み込んでシェアすることも可能です。

Fyuseは、汎用性に優れ、様々な場所であなたを表現・共有するのにもってこいです。

「フェーズ」と呼ばれる3D画像を撮るのに専用のカメラ必要なくスマホがあればアプリをインストールしてすぐに利用できます。

 

       スポンサーリンク  

2018年最新のVRの映像を撮影するのに最もおすすめしたいカメラ!

Insta360 ONE

インスタ360VRカメラ
  • 写真の解像度:6912×3456
  • 動画の解像度:3840×1920@30fps, 2560×1280@60fps, 2048×512@120fps(スローモーション)
  • ジャイロスコープ:六軸ジャイロスコープ
  • 写真のフォーマット:insp,jpg,RAW
  • 映像のフォーマット:insv,mp4,LOG
  • 対応スマホ:iPhone X, iPhone 8/8 plus, iPhone 7/7 plus, iPhone 6s/6s plus, iPhone 6/6 plus, iPhone SE
    iPad Pro(10.5-inch), iPad Pro(9.7-inch), iPad (9.7-inch), iPad Pro(12.9-inch), iPad mini4, iPad Air 2;

 

◆ 今流行最先端の達人必須アイテムの一つ!

  •  旅行撮影に興味がある
  • ライブ配信に興味がある
  • インスタ映えを求める
  • コスパに重視する
  • パーティーに
  • アウトドア好き

プロトラベラー、インスタグラマー、インフルエンサーにうれしい最新機器です。

【最高レベル】360度VRカメラおすすめ5選!iPhone対応も

2017.10.26




Insta360°あなたのiphoneをあっという間に360°カメラに

スポンサーリンク








この記事をシェアしよう!

      スポンサーリンク
        スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です