VR映像による子供への目の影響は?

これまで以上にエキサイティングな体験を私たちに与えてくれるVR映像ですが、子供の利用には注意が必要とされており、Oculus RiftやGear VRなどの主要VR製品では、13歳未満の利用が禁止(非推奨)となっています。

しかし、VR映像はグーグルが提供するExpeditions Pioneer Programに代表されるよう、教育の現場で活用することでVR映像が本来担うべき役割を最大限に引き出せるため、理想と現実のあいだに明確なギャップが生じています。

VR映像は子供の目にどのような影響を与えてしまうのか、何歳からであれば使用しても差支えないのか、などを以下にまとめてみましたので、今後の参考としてみてください。

       スポンサーリンク  

VRが子供に与える危険な影響とは

なぜVRが子供に有害であるということが前提となっているかといえば、人間の目の成長過程を考慮しているためです。

 

立体視細胞の形成は、6歳頃までに完了するとされており、瞳孔間距離については10歳前後までに発達するとされていることから、それらが未熟なうちにVRで過剰な刺激を与えることで健全な発達を阻害してしまうリスクがあるのです。

つまり、10歳を超えていれば、ほぼVRによる弊害リスクはなくなっているのですが、上記の主要VR製品が設定している13歳以上という対象年齢は、念には念を押した慎重なものであり、この設定が業界の平均的な基準となりつつあるのです。

 

そもそも、VRとは脳を騙すことで立体的に見えるようにする技術なので、身体機能が未熟なうちに脳を騙してしまうと、誤った信号を送ってしまいかねないのは誰にもイメージしやすいことでしょう。

子供がプレイするイメージの強いニンテンドー3DSであっても、6歳以下の子供が使用する場合には2Dへ切り替えるよう注意書きがされています。

子供向けのソフトが多いニンテンドー3DSであっても注意喚起している様子を眺めれば、VR技術がいかに子供の視力の成長にとって危険であるか察することができます。

子供にVRが悪影響を与えた結果、生じる弊害

VRが子供に悪影響を与えた結果とされる代表的な症状が斜視です。

斜視とは、眼球が何かしらの原因によって正常に動かなくなり、目の位置がズレてしまうことです。

本来であれば、人間は両眼を使ってものを見ているのですが、片方の目の視線は目標の方向に向いていても、もう片方の目が別の方向を向いてしまっている状態となってしまうのが斜視の症状です。

斜視は外観上から症状がわかるため、きっと皆さまも症状を抱えている人を見かけた記憶があるかと思います。

斜視は、小児眼科の一般的な症例となっており、約2%の子供に見られるといわれています。

しかし、この2%という数字を増やしてしまいかねないのがVRであり、VRによって立体的なものを不自然な状態で見ることが原因で、斜視になってしまう危険性がさまざまなところで叫ばれているのです。

一度、斜視になってしまえば、その後は適切な治療を受けるために通院しなければなりません。

そのままにしておくと弱視となってしまうなど、視力障害を抱えてしまう可能性もあります。

いくら矯正しても治らない場合には手術をすることもありますので、とにかく斜視にならないようVRと子供の距離感を保っていかなければならないといえます。

子供をVRの悪影響から守るためのケア

社会は常に多くの人々を引き付けようと、新たなエンターテイメントを生み出しており、近年ではそのための欠かせない技術としてVRが取り入れられるようになっています。

この結果、いたるところで子供がVR技術に触れられるようになっています。

身近な例で考えても、映画館やテーマパークのアトラクションが思い浮かびますし、上でも触れているニンテンドーDSなどのゲーム機が該当しますので、これらに映し出される3D映像には注意しなければなりません。

そのためには、ガイドラインや説明書に書かれた内容を守るよう、大人が気を付けて子供を見守る必要があるでしょう。

また、子供が何を求めているのかを把握することも大切です。

VR技術が使われているからとすべてを禁止するのではなく、3Dを2Dへ切り替えて使用させても、きっと子供は満足するでしょう。

子供が求めているのはグラフィックではなく、ゲームという遊びそのものである場合が多いので、必ずしもVRに触れさせなくても十分なエンターテイメントを与えてあげることができるのです。

VRが目に悪影響を与える可能性があるというのは、医学的にも立証されているわけですから、大人が管理して子供の年齢に応じたケアをしていく必要があります。

       スポンサーリンク  

子供が遊べるもVR製品も登場

VRはとても優れた技術であり、そのメリットを子供たちにも十分に味わってほしいとの想いに応えるような製品も登場しています。

それは、一眼レンズモデルのVRビューワーです。二眼レンズモデルに比べると立体感・没入感は少し減りますが、年齢制限はなく、小さな子供でも安心してVRを体験できます。

しかし、念には念を入れて、十分に情報収集してから子供に与えるかどうか判断すべきといえるでしょう。

VRゴーグルおすすめできる10選!スマホ用[Android・iPhone]

2017.08.19

【激推し】スマホVRゲーム無料アプリのおすすめ【iPhone/Android】

2017.10.23

スポンサーリンク








この記事をシェアしよう!

      スポンサーリンク
        スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です