【Steamでゲームをしたい人向け】Steam VR対応のVRゴーグル・ヘッドセット

Steam VR対応ヘッドセット(VRゴーグル)

Steamに並んでいる大迫力のVRゲームを堪能するためには、VRゴーグルが必要となります。

以下では、Steam VR対応VRゴーグルをいくつかご紹介してみますので、これからの参考としてみてください。

王道とされる2種に加え、“Steam VRを利用することもできる”という付加価値的なものを2種ご紹介していきます。

スポンサーリンク  

Steam VR対応のVRゴーグル4選!

HTC Vive

HTC ViveはSteamVRの初号機にあたるともいわれています。

デバイスの見た目はゴツい印象を受けるかもしれませんが、実際に装着してみれば非常に軽く、装着したまま動いてもずれにくいため、バーチャルの世界へ没頭することができるVRゴーグルです。

HTC Viveのセールスポイントは、なんといっても圧倒的な解像度の高さでしょう。

HTC Viveの解像度は1080×1200ドットを2枚という構成となっており、スペックの違いが明らかとなっています。

フレームレートも90FPSと高速であり、視界のトラッキングもスムーズなのでナチュラルで、VR酔いを抑えるスペックです。

HTC Viveの最大の特徴は独自のトラッキングシステムとコントローラーです。

このシステムは“ルームスケールトラッキング”と呼ばれており、対角線上に配置された2台のマシンがレーザーを照射しつつ、ユーザーの位置情報をきわめて正確に検出します。

この効果によって、空間を移動するユーザーをVR空間の映像が高い精度で追随していくのです。

また、ルームトラッキングの範囲外には光のカーテンが現れるようになっており、壁に激突することを防いでくれますので、Steam VRの迫力ある映像にすっかりと引き込まれてしまったせいで思わぬ事故につながってしまうというリスクもしっかりとケアされています。

加えて、2本のコントローラーの位置もルームトラッキングは検出してくれるので、Steam VRで使用する刀や弓矢といった武器も、まるで本物を扱っているかのような感覚を味わうことができます。

➡HTC viveをAmazonで確認する

Oculus Rift

VRゴーグルのなかでも絶対的なシェアを誇っていたHTC Viveを上回ったとして騒がれているOculus Riftは、頭の動きを認知しながら、表示が追従するヘッドトラッキングを兼ね備えたVR技術と、映像の計算や出力を行うソフトウェア技術を組み合わせたヘッドマウントディスプレイです。

上でご紹介したHTC Viveと同様に、片目1080×1200画素でトータル2160×1200画素となっており、コマ数を表すフレームレートも90fpsとなっていますので、滑らかな映像を楽しむことができます。

映像の品質こそ似通っていても、“画面を見る”という感覚ではなく、“画面の中に入る”と表現されるほど高い没入感がOculus Riftのウリといえるでしょう。

それを可能としているのも、広視野角を重視したヘッドトラッキングであり、Oculus Riftが人気を集めることとなった主たる理由に他なりません。

これに加えて、 Oculus Riftは価格優位性を打ち出せるよう、積極的にセールスを催し、ユーザーの獲得に努めてきました。

高スペックなVRゴーグルかつ、手を伸ばしやすい価格設定が注目されたからこそ、HTC Viveのシェアを上回ることができたのでしょう。

上記のように、いいことばかりに思えるOculus Riftにも注意しなければならない点はあります。

まずは、日本版では有線接続でしか遊べない点です。

日本だけ無線接続での認可が得られなかったことが原因なのでこのようなデメリットが生じていますが、ケーブルが邪魔にならないよう工夫すれば十分にカバーできるでしょう。

しかし、どうしても動きは制限されてしまいます。また、他のVRゴーグルと同じくPCスペックはゲームPC程度の条件が要求されます。

➡Oculus RiftをAmazonで確認する

スポンサーリンク  

次にご紹介するのは、これから改善が必要だと思ってますが、Steam VR対応なのでご紹介したいと思います。

PlayStation VR

私たち日本人にとって、PlayStation VRはもっとも親しみのあるイメージのデバイスではないでしょうか。

ソニー・インタラクティブエンターテイメントが満を持して市場へ投入したところ、事前の期待を裏切る結果となってしまっています。

その理由は、製品自体のクオリティーが予想以上に低かったために他なりません。

PlayStation VRは、“まったく新しいゲームプレイ感覚が楽しめる”とのコンセプトが掲げられたVRシステムであり、PlayStation 4とコードで接続したVRゴーグルをかぶることで、360度全方向を取り囲む3D空間が出現し、圧倒的な臨場感と没入感を体験できるはずでした。

しかし、解像度は“2世代前のゲーム”と大差なく、プレイ画面はボヤけが生じますし、連動するはずの視点とゲーム操作の間にズレが大きかったため、ユーザーのあいだでネガティブサプライズとして受け止められ、その内容が拡散されていったのです。

上を読む限り、いいところがなさそうに思えるでしょうが、“TrinusPSVR”というSteam VRが遊べる非公式ドライバがリリースされて以降はPlayStation VRを取り囲む環境が変わってきています。

パソコンに繋げて使用しますので、他のVRゴーグル同様にゲームPCレベルのスペックが要されることに加え、細かな設定を自分で進めていかなければならないのが難点といえるでしょう。

やはり非公式なものはその文字通り受け止めるべきか、といった利便性であるのはやや仕方ないかもしれません。

それでもプレイステーションということだけあって、ゲームは豊富です。▶【2018年絶対に欲しい】PS4のVRゲームソフトおすすめランキング

➡PlayStation VRをAmazonで確認する

Windows MRヘッドセット

Windows MRヘッドセットを使ってSteam VR対応コンテンツを楽しめる機能が一般ユーザーにも開放されており、それはSteam Previewと呼ばれています。

VRゴーグルを購入するか、MRヘッドセットを購入するか悩んでいるようであれば、MRアプリケーションも利用できる後者を選べば、Steam VRにも対応できるのでおススメです。

どことなくイメージできるかもしれませんが、Windows MRヘッドセットはSteam VRを楽しむために開発されたわけではないので、あくまでSteam VRも楽しむことができるという付加価値的な意味合いが強い点には注意が必要かもしれません。

また、パソコンのスペックが高性能であることを要求される点にも気をつけておきましょう。

要求されるパソコンのスペック目安としてはCore-7プロセッサとGTX 1070以上のグラフィックカードとされています。

あくまでこれらはマイクロソフトが推奨しているスペックなので、プレイするゲームによってはそれ以上のものが要求されることもあるでしょう。

関連記事のIDを正しく入力してください

加えて、Windows MRは他のVRとは違う特殊なコントローラーであるため、人によっては違和感を強く覚えることもあります。

➡Windows MRヘッドセットをAmazonで確認する

まとめ

HTC Vive・Oculus Riftは、私からもおすすめしたいVRゴーグルです。

Steam VRは様々なコンテンツがあって、これからVRを楽しみたい人はぜひこれらを参考にしてみてください!

スマホ用のVRゴーグルはコスパもよくスマホがあればできるので、初心者におすすめです。

【衝撃の世界観】VRゴーグルのおすすめ紹介!スマホ用[iPhone]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください