名古屋周辺でVR体験ができる施設を紹介します!

名古屋の皆さん、VRを体験したいですか?

そこで、VRを体験しようと思ってもVRの施設がどこがあるのか気になりますよね!

なので今回はVRを体験するこができる名古屋周辺(愛知県内)施設をご紹介します!

       スポンサーリンク  

VRの施設 名古屋周辺

VR ZONE Portal イオン大高店エアポート名古屋

VR ZONE Portalとは、VR ZONE SHINJUKUの小型店舗で2017年から全国展開を始めているのです。ついに名古屋にもVR ZONE Portalが南区のイオンモール大高と春日井市のエアポート名古屋にに2017年12月以降でオープンする予定です!

おそらく、今のところ名古屋ではVRの施設の中ではかなりおすすめになることになります。VR ZONE 自体クオリティが高く満足できることまちがいありません!

イオンモール大高

所在地:愛知県名古屋市緑区南大高二丁目 450 番地 イオンモール大高 3F

営業時間:9:00〜22:00

アクセス:地図

ナムコランドヒーローズキャンプ名古屋店

所在地:愛知県西春日井郡豊山町大字豊場林先 1-8 エアポートウォーク名古屋 3F

営業時間:9:30〜21:30

アクセス:地図

VR NAGAKUTE 長久手市 

引用元:namco

  • ホラー実体験室脱出病棟Ω(オメガ)

体験時間7分 料金700円

  • 急滑降体験機スキーロデオ

体験時間6分 体験料金700円

  • VRシネマティック アトラクション アーガイルシフト

体験時間7分 料金700円

所在地:愛知県長久手市中央土地画整理事業市内5・10・11イオンモール長久手3F

営業時間:10時〜22時

地図:マップ

ソニーストア 名古屋 栄

こちらはPlayStation VRの体験ができる名古屋のソニーストアになります。体験するには予約する必要があり日にちも決められた日があるので、実際にとって行かないと体験することは難しいです。
予約の取り方
日時を選んで予約>予約完了メールが届く>当日店頭でメールを受付に提示する>VR体験
その後はPlayStationVRを購入もできます。
所在地:名古屋市中区栄3-3-21 セントライズ栄 1F
地図:マップ

 自遊空間  名駅・大府

こちらはVR THEATERを体験できるものとなっています。
攻殻機動隊 VIRTUAL REALITY DIVER・進撃の巨人をはじめとしたコンテンツを体験することができます。あとは、漫画のキャラクターとの共演やアイドルのライブなどを楽しむことができるのです。
引用元:Mogura VR

店舗

名駅店  〒450-0003 愛知県名古屋市中村区名駅南1丁目25−2  地図

大府店  〒474-0061 愛知県大府市共和町5丁目66  地図
営業時間:24時間

 

SEGA VR AREA AKAIKE 日進市 赤池

 

所在地:愛知県愛知県日進市赤池町箕ノ手2-757 プライムツリー赤池

営業時間:10:00~21:00

アクセス:最寄り駅:鶴舞線・名鉄豊田線「赤池駅」より徒歩4分

地図:マップ

ラグーナテンボス 蒲郡市

 

パイレーツ ブラスト 料金750円

こちらは実際にジェットコースターに乗ってVRのヘッドセットを装着してバーチャル映像を体験できます。ジェットコースターの例としてはUSJの乗り物にもVRのジェットコースターがあります。(※時期によっては乗り物の変更もあります)名古屋発のVRジェットコースターになりました!パイレーツブラストは普通にジェットコースターとしても乗ることができます。

ハウステンボスと合併してからかなり魅力的なテーマパークになった気がします。

VR以外にも比較的に力を入れているのが360度プロジェクションマッピングのイルミネーションです。他にもアイドル・アーティスト・恐竜等の360度3Dシアターもあります。愛知県民なら一度は行っておきたい場所の一つです。

所在地:愛知県蒲郡市海陽町2−3−1

電話: 0533-58-2700

地図:マップ

営業時間は季節によって変わるのでラーグナテンボス公式で確認してください↓

ラーグナテンボス公式

       スポンサーリンク  

まとめ

今のところこのようにVRを愛知名古屋で体験できるところというのは、東京に比べると非常に少ない印象ですかね。

VR自体まだ一般に認識されていないのでまだまだ展開には時間がかかるのでわないかと思います。VRはこれからたくさんの業界に取り入れられることが予想されます。今後は遊園地などにもどんどんVRの技術を導入してくるのではないかと私は予想します。VR技術を導入することとしてのメリットは導入コストが少なくすみ、映像を変えることで全く新しい乗り物へと変化するので飽きることのない乗り物になるのです。そうすると遊園地にも来場者の数が増えるでしょう!

以上名古屋愛知のVR施設でした!

スポンサーリンク








この記事をシェアしよう!

      スポンサーリンク
        スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です