【衝撃の事実】Gear VRのレビューや価格について実際に使って思ったこと

最近は、今までよりもVRがだいぶ盛り上がってきているなーという印象です。VRという言葉を良く聞くようになったと思います。VRを見るにはVR専用ゴーグルがないと、あの臨場感は楽しむ事は難しいですよね。

VRゴーグルにもたくさんの種類があります。パソコンを必要とするものだったり、ゲーム機がと連携したり、スマホ用のVRもあるのであまり区別がわかりづらいかと思います。

その中でも、スマホ用のVRの種類もいくつかあるのです。スマホ用VRゴーグルの多くはどのスマホも基本的に対応してます。商品名はそれぞれ違いますが、役割としては同じなのです!

スマホ用VRで他と違うのが、Gear VRというゴーグルがあります。

Gear VRとは?

まずは簡単にGear VRを説明します。

スマホ用のVRゴーグルの特徴で大きく分けると2つに分けることができます。

  1. 対応機種(スマホ)は特にないタイプ
  2. 対応機種が限られるタイプ

この対応機種が限られるタイプというのがGear VRというVRゴーグルなのです

今回はGear VRを実際に買ってみた感想やレビューなど価格について紹介したいと思います!

ひよっこ
この記事を見ることでGear VRについてわかるよ!
       スポンサーリンク  

Gear VR レビュー

 

Amazonのレビュー

高い評価

VR体験が手軽にできる!
初めてVRってのを体験したけどほんと凄い!ですw
日本語にできるのかわかんないが全部英語だからそこだけかな・・
買おうか迷ってるなら絶対買いだと思いますよ!

 

並行輸入品も中身は全く同じ
ただ、説明書は中国語です。
しかし、動画などで自分で探せば使い方はわかるので大丈夫です!
ジャイロがついているので没入間が半端ない。
安物vrとは違います。
あと一番気に入ったのが、目を当てる所のスポンジです。
蒸れにくいし、良い素材でした。

低い評価

接続がいまいち、うまくいかない時がある、日本語の、説明書があるとよい
充電器がいまいち熱くなるのが気になる、バンドは気に入っています

 

au Galaxy S7 edge を接続して使用しているが、いつも使い初めに接続不良が生じて、何度かつなぎ直すことになる。原因は不明で、コネクト部分にゆるみがあるのか、ソフト面なのか?

参照元:Amazon

Gear VR 2015 第一世代

サイズ 201.9(W) x 116.4(L) x 92.6(H)
重量 318g
搭載センサー ジャイロセンサー、加速度センサー、近接センサー
視野角 96度
瞳孔間距離範囲 54~70㎜
アクセサリー トップヘッドストラップ、メインストラップ、取扱説明書、保証書

Gear VR 2016 第二世代

サイズ 207.8(W)×98.6(L)×122.5(H)
重量 約345g
搭載センサー 加速度センサー、ジャイロセンサー、近接センサー
視野角 101度
瞳孔間距離
62(mm)
対応デバイス  Galaxy Note8、Galaxy S8、Galaxy S8+、GalaxyS7 edge、Galaxy S6、Galaxy、S6 edgeなど

Gear VRをAmazonで頼むと次の日に早速届きました!

梱包もしっかりとされてました。

中身

Gear VR with Controller
Gear VR (USB Type-C デバイスホルダー, コントロールホルダー含む)
Gear VR Controller (単4電池×2, リストストラップ含む)
ユーザーマニュアル
Micro USB デバイスホルダー

中身はこんな感じ

Gear VRのゴーグルの光沢が凄いと感動してました。スマホ用の普通のゴーグルとは違うってことは、もうすでに感じました。

中の構造がとてもしっかり作られていまし第一世代のGear VRよりも、より大きくなったレンズで視野角が改善した様子です。

もちろんピントは真ん中に調節することもできます!

 

顔に接するクッションも厳選されてふかふかな素材です!

こちらにUSB-Cポートがあり、VRゴーグルを着けていてもGalaxyを充電することがでできるので便利です!

第一世代同様でタッチパッド付きなのでコントローラーなしでも使うことはできるようですね!

早速、Galaxyとコントローラーの設定を済ませました。

最初にゴーグルの設定やOculusアカウントの登録が大変ですが頑張りました。

 

パソコンが必要なVRは設定がもっとめんどくさいのです。

スマホのVRは手軽さが売りですよね!しかもGear VRは、パソコン用のVRとそこまで違いがないくらいハイクオリティになってます。解像度に関してはGear VRが一枚上手です。

        スポンサーリンク
 

 

Gear VR 価格

Amazon価格

平均価格

Gear VR本体のみ ¥ 7,380
専用コントローラー ¥ 3,789
セット ¥ 13,600

他社のVR製品の販売台数は大体、30万〜70万台に対して

Gear VRは販売台数全世界で、450万台以上にもなります。

世界ではGear VRは大ヒットしているのです!

PC用のVRは4万から中には8万円するものもあるのです。値段相応の価値はあります。スマホVRもその安さの価値分はあります。

なぜ、Gear VRがここまで売れているのか。

その理由としては、コンテンツの豊富さ映像のクオリティ手軽さこの充実感でこの値段で手に入ることでしょう!

Gear VRがおすすめな理由

私のVR初体験は、スマホ用のVRをAmazonでUrgod 3D VRを購入したことが始まりでした。

最初にYouTubeで360度の動画のスカイダイビングやジェットコースターを見ました。最初の感想は

「なるほど。すごい!」

ってな感想でした。普通にVRの動画をVRゴーグルなしで見るのとは当たり前ですが、臨場感がありました。しかし、顔を動かしたときの映像がぶれてしまうことが気になる。通常のVRゴーグルはコンテンツの画質が良いものが少なく酔いやすい印象。

しかし、Gear VRは違いました。

ゴーグルをはめた途端、

「、、、まじか。なんだこれは!!!(驚き)」

Oculus Homeの画面です。画像では伝わりにくいですが、実際は結構凄いです!

Gear VRのコンテンツをまだやってないのにもかかわらず、すでに満足感でいっぱい。買ってよかった〜って真っ先に思いました。はじめはアプリをインストールしまくりましたw

こちらはVRゴーグルのそれぞれの画質の比較です。

解像度の比較

スマホ用VR  1334 x 750
PS4VR  1920 × 1080
Oculus Rift  2160 × 1200
HTC Vive  2160 × 1200
Gear VR  2560 × 1440
Oculus Go  2560 x 1440 

Gear VRはとても画質がよく、2017年の段階では一番良い画質と言えます。

Gear VRの事実

私が思ったのが、動画鑑賞に最も優れていると思いました!!

YouTube・Netflix・Hulu・DMM

特に大人の動画をみるなら間違いなくGear VRです!

Gear VRのメリット・デメリット

メリット

  • コンテンツが豊富
  • 画質が最高
  • ゴーグルの値段を超えたクオリティ(PC級)
  • Galaxyスマホとゴーグルのみで使えて、めちゃ手軽
  • ゴーグルが軽量
  • 専用コントローラーの反応も良くて互換性に優れている
  • 動画鑑賞には一番良い

デメリット

  • 対応機種が限定される
  • コンテンツが日本語対応が少ない
  • Galaxy発熱すると停止する
  • コンテンツの容量が大きいので、後々外部ストレージ必要になってくる

まとめ

正直な感想は、VRゴーグルの中では品質は高く良い商品。

しかし、Galaxyのみ対応というところがネックな部分です。

初めてVRゴーグルを買う人や中級者向けには、もってこいなVRゴーグルではないかと思いました!

Oculus製品なので、安心して使うこともできるし、コンテンツは今後ますます増えること間違いありません。

スポンサーリンク








この記事をシェアしよう!

      スポンサーリンク
        スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です