【選ぶならこれ!】VRの安いPC用・スマホ用ゴーグル

VRは値段が様々で、高いものから安いものがあります。

PC用のVRはとても高いですが、それに対してスマホ用のVRは安くて簡単に手に入ります。

値段が高いとお金がかかるし、安いとほんとに使えることや、どれがいいのかわからないと思います。

今回は

  1. ダンボールでできたゴーグル
  2. 安くても見れるおすすめのスマホ用ゴーグル
  3. PC用のVRの安いゴーグル

を紹介します!

       スポンサーリンク  

安いものでもほんとにVR見れるのか

結論から言いますと、安いVRゴーグルでもVR映像を見ることはできます

VRゴーグルは、自分にあったものを選ぶことが大切です。私は視力が片方ずつ違います。なので視点調節がそれぞれできることが必要です。

メガネの人・メガネをかけたまま可能なVRゴーグルはこちらの記事へ

ダンボールのVRゴーグル?

では実際に安いVRゴーグルで見れるか実際にドンキの900円のダンボールゴーグルを買って見ました。

その名の通りダンボールでできたVRゴーグルですw

組み立てるとこんな感じ!

スマホもしっかり入ります!

こんな感じでしっかりとした作りになってました。

実際にVR動画を見ると、「ほんとにダンボールなの!?」ってくらい驚きました!

Amazonにも売ってました!

 

安くておすすめなスマホ用VRのゴーグル

 VOX PLUS 3DVR ゴーグル

価格:1,599円

 Urgod 3D VR ゴーグル 

価格:1,889円

この価格のVRゴーグルとしては本格的な作りになっていて、これで十分スマホでVRを楽しむことができます

こちらの2つのVRゴーグルはiPhone・Androidで4.0〜6.0インチであれば使用可能です。

この2つとも安いのにしっかりして、かなりおすすめのVRゴーグルです!Urgod 3D VRは両目の焦点調節もできるので目の悪い人でも使うことができます。

 

安いPC用のVRゴーグル

PIMAX 4K VR ゴーグル 

価格¥ 37,748(Amazon価格の変動がありますので注意)

PC用のゴーグルは比較的高価なものが多く、発売当初は10万円を超えることが当たり前でした。しかし最近になって、VR技術が進み制作費のコストダウンに着々と成功していて、4万円台で変えるものも増えてきました。

PiHome / Steam VR / Oculus Homeの3つのプラットフォームがあるため飽きることはありません。

プラットフォームとは

アプリコンテンツをダウンロードする場所のこと

こちらのゴーグルの解像度とコンテンツ量がトップクラスです。(2017年時点)

安いゴーグルのメリット・デメリット

メリット

やはり安く導入することができるのが、最大のメリットだと思います。その他に、VRゴーグルを初めて使う人や専門的にそこまでやらない人は、値段の安いゴーグルで十分楽しめます。最近は安くてもしっかりとしたゴーグルが多いので、しっかりと選べば低品質なVRゴーグルを買うことを避けることができます。

デメリット

スマホ用の場合はコンテンツが少ないのと、英語表記のアプリが多いの点です。PC用は安いと言っても4万円前後するので、値段がどうしてもかかってしまう点ですね。

まとめ

VRゴーグルは種類が多くて高いものが良いと思われがちですが、安いVRゴーグルでも正直十分です。VR初心者の方は断然スマホVRから試してみることをおすすめします。

VRゴーグルを使う際は周りのものや人に注意して使いましょう!

 

スポンサーリンク








この記事をシェアしよう!

      スポンサーリンク
        スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です